IndoorPlants.site

succulent plants多肉植物を上手に育てよう!

多肉植物は一般に、生育のサイクルによって3つのタイプに分けられています。タイプによって、季節ごとに管理ポイントが変わってくるので、育てたいものがどのタイプかを知ることが大切です。

Succulent plants多肉植物について

多肉植物について

多肉植物は、雨が少ない場所や岩場などに生育するものが多い植物で、乾燥した過酷な環境を生き抜くために、根や茎、葉などを肉厚にして水分を蓄えるようになっています。四季のある日本では、さかんに成長する生育期と成長をやめる休眠期が見られます。そのため一般に、生育する季節にしたがって種ごとに、春秋型、夏型、冬型と3つの生育型に分けられています。
生育型はあくまでも目安ですが、それぞれの種のタイプを知っておくと適切な管理がしやすくなります。休眠期は株を休ませ、株分けや挿し木などの繁殖作業、植え替え作業などは生育期に行います。

Place置き場所

多肉植物の置き場所

多肉植物のふるさとは、中央アメリカや南アフリカなど、日差しが強く乾燥した環境にある地域です。日本で育てるときには生育型にあわせて、季節ごとに自生地に近い環境を選んで置き場所を決めるのがポイントです。

Watering水やり

多肉植物の水やり

ポイントは、生育期と休眠期とで水やりを変えることです。生育期は鉢土が乾いてからたっぷりと水を与え、休眠期は水やりをやめて乾燥させます。休眠期から生育期に移る時期は徐々に水やりを増やし、逆に生育期から休眠期に移る時期は、徐々に水やりを少なくします。

Spring fall type春秋型

生育期:春、秋

春と秋にさかんに生育するタイプです。多くは生育適温が10~25℃の範囲にあり、夏は暑さのせいで生育が悪く、冬は寒さのために生育が止まります。ベンケイソウ科のエケベリアやセダムなど、茎や葉がやわらかく、色鮮やかで草花のような雰囲気をもつ多肉植物はこのタイプです。

多肉植物 春秋型
<エケベリア>出典:http://mountaincrestgardens.com/

育て方のポイント

多くは強い光を好みますが、ハオルチアのように強い光を嫌うものもあります。 夏は根腐れや蒸れを避けるために、水やりをやめて休眠させるといいでしょう。 生育期が病原菌や外注の活動時期と重なるため、病害虫に注意しましょう。

置き場所

多肉植物 春秋型 置き場所
<セダム・ドラゴンズ・ブラッド>出典:https://www.gardenerdirect.com/

春秋

生育期は風通しのよい日向で管理しましょう。

風通しがよく雨の当たらない明るい日陰に置きましょう。直射日光は避けます。

最低気温5~8℃をキープできる日当たりのよい室内に置きます。暖房器具の温風が当たる場所は避けましょう。 セダムやセンペルピウムなど、寒さに強い種類は屋外でも大丈夫です。

水やり

多肉植物 春秋型 水やり
<ハオルチア>出典:http://worldofsucculents.com/

鉢土が乾いてからたっぷりと与え、6月下旬ごろから徐々に水の量を減らします。

雨が当たらない場所で乾かし気味に管理しましょう。 2週間に1回程度、霧吹きで軽く葉水をあげましょう。

鉢土が乾いてからたっぷりと水をあげます。

室内が暖かいと多少生育することもありますが、その場合も水は与えず、2週間に1回、葉水を与える程度でよいでしょう。 3月ごろから徐々に水やりを増やしてあげましょう。

Summer type夏型

生育期:晩春~夏

夏にさかんに生育するタイプです。多くは生育適温が20~30℃の範囲にあり、春と秋はゆっくりと生育し、冬は休眠します。 同じ夏型でも、暑いほど生育が良いものと、暑すぎると生育が悪くなるものがあります。 サボテンやアガベ、ユーフォルビアなどシャープなフォルムの多肉はこのタイプです。

多肉植物 夏型
<アガベ>出典:https://commons.wikimedia.org/

育て方のポイント

多くは強い光を好むので、光が十分に当たる場所に置き、過湿による根腐れや蒸れに注意しましょう。
冬は完全に水やりをやめて、暖かい場所で管理しましょう。

置き場所

多肉植物 夏型 置き場所
<サボテン>出典:http://www.123rf.com/

春秋

室内と屋外とを移動する時期に当てて、少しずつ場所を移しながら徐々に慣らしましょう。

風通しのよい日向に置くのがベスト。

最低気温5~8℃をキープできる日当たりのよい室内に置きます。暖房器具の温風が当たる場所は避けましょう。

水やり

多肉植物 夏型 水やり
<ユーフォルビア・ツベルクラータ>出典:http://isladelpescado.com/

4~5月初旬にかけて、少しずつ増やしていきます。

土の表面が乾いてから、気温が下がるから夜にたっぷりとあげましょう。
日中、高温になる時間帯に葉が濡れていたり、ロゼットに水が溜まっていたりすると蒸れてしまいますので注意が必要です。
熱帯夜が続くようなら、鉢のまわりに打ち水をしたり、葉水を与えて夜温を下げましょう。

9月下旬から1カ月程度かけて少しずつ減らしていきます。

基本的に水やりをやめて乾燥させます。

Winter type冬型

生育期:晩秋~初春

冬にさかんに生育するタイプです。多くは生育適温が5~20℃の範囲にあり、気温が一定以下になると生育を始めます。高温多湿が苦手で、冬であっても高温多湿の室内などでは生育を止めてしまうこともあります。春と秋はゆっくりと生育します。アオエニウムやコノフィツム、リトーブスなど個性的なものがこのタイプです。

多肉植物 冬型
<アエオニウム>出典:http://www.succulents.us/

育て方のポイント

夏は休眠しているので、直射日光を避けて明るい日陰に置きましょう。
根腐れや群れを避けるために、水やりは止めますが、ときどき葉水を与えてあげたほうがいい種類もあります。 冬は低温に注意し、夜間の冷気は避けるようにしましょう。

置き場所

多肉植物 冬型 置き場所
<リトープス>出典:http://www.wikiwand.com/

春秋

室内と屋外とを移動する時期に当てて、少しずつ場所を移しながら徐々に慣らしましょう。

雨が当たらない明るい日陰に置き、風通しをよくして管理しましょう。

南西向きの窓辺など日当たりのよい室内に置き、晴れた日の昼過ぎは換気をして、高温になりすぎるのを防ぎましょう。

水やり

多肉植物 冬型 水やり
<コノフィツム>出典:https://www.pinterest.com/

5月初旬にかけて、徐々に減らしていきます。

9月中旬ごろまで水やりは控えましょう。
乾燥に強い種類に関しては、葉水も控えましょう。

9月中旬から1カ月ほどかけて少しずつ増やしていきます。

鉢土が乾いたらたっぷりとあげましょう。
冬の水やりは、朝晩の冷える時間帯を避けて、晴れた日の日中に行いましょう。

最終更新:

New arrival
新着順

ボゥイエア | Indoorplants.site

ボウイェア

象牙団扇 | Indoorplants.site

象牙団扇

金烏帽子 | Indoorplants.site

金烏帽子

アストロロバ コンゲスタ | Indoorplants.site

コンゲスタ

アストロロバ ビカリナタ | Indoorplants.site

ビクアリナタ

バニラ | Indoorplants.site

バニラ

フィットニア | Indoorplants.site

フィットニア

プテリス | Indoorplants.site

プテリス

フェニックス | Indoorplants.site

フェニックス

バオバブ | Indoorplants.site

バオバブ

コーヒーノキ | Indoorplants.site

コーヒーノキ

トキワシノブ | indoorplants.site

トキワシノブ

ラフィドフォラ・テトラスペルマ | Indoorplants.site

ラフィドフォラ・テトラスペルマ

グリーンネックレス | indoorplants.site

グリーンネックレス

フィカス・エラスティカ・バーガンディ | indoorplants.site

フィカス・エラスティカ・バーガンディ

フィカス・アルティッシマ | indoorplants.site

フィカス・アルティッシマ

アロエ | indoorplants.site

アロエ

アガベ | indoorplants.site

アガベ

アエオニウム | indoorplants.site

アエオニウム

ワイヤープランツ | indoorplants.site

ワイヤープランツ

ユッカ | indoorplants.site

ユッカ

モンステラ | indoorplants.site

モンステラ

ポリシャス | indoorplants.site

ポリシャス

ホヤ | indoorplants.site

ホヤ

ポトス | indoorplants.site

ポトス

ポインセチア | indoorplants.site

ポインセチア

ペペロミア | indoorplants.site

ペペロミア

ベビーティアーズ | indoorplants.site

ベビーティアーズ

ヘデラ | indoorplants.site

ヘデラ

ベゴニア | indoorplants.site

ベゴニア

観葉植物一覧
トップへ戻る