IndoorPlants.site

pterisプテリス

美しい葉が小型で愛らしいシダ植物。日本にも原産し、身近で親近感のある観葉植物です。世界には約250種が分布し、葉っぱの色や姿は違いますが、いずれもすずしげな雰囲気があります。日陰でも育つので、シェードガーデンに活用するのもおススメです。オオバイノモトソウ(プテリス・クレティカ)の園芸品種’アルボマルギナタ’は、葉に白い中斑が大きく入ります。ホコシダ(P.エンシフォルミス)の園芸品種’エバーゲミエンシス’(フイリイノモトソウ)は、銀白色の斑が大きく入り、人目を惹きます。

Degree of difficulty育てやすさ

育てやすい

Dataデータ

科名 イノモトソウ科
原産地 世界の熱帯~温帯原産
耐陰性
耐寒性
乾燥 ×

Place置き場所

フェニックスの最適な置き場所
出典:http://www.plantsystematics.org/

春夏秋

湿度が高く、直射日光の当たらない環境に置きましょう。 湿度が低いと葉っぱが縮れ、黒く変色してしまいます。

5℃以上の温度が必要です。室内のできるだけ日の当たる場所で管理しましょう。

Watering水やり

鉢土が乾乾かないように水やりをしましょう。乾燥すると枯れてしまうので注意が必要です。

休眠期に入りますので、土の表面が乾いたら水やりをする程度に控えます。

Fertilizer肥料

春夏秋

緩効性の固形肥料を2カ月に1回、鉢土の上に置きます。

肥料は不要です。

Soil用土

水はけと水持ちのバランスのよい土が適しています。(例:赤玉土小粒6、腐葉土3、軽石小粒1の配合土など)

Pest病害虫

春秋

カイガラムシやハダニがつくことがあります。見つけ次第、薬剤を散布し駆除しましょう。 予防には葉水が効果的です。

Multiply株分け

春~初夏

株分けで殖やします。 土から掘り上げた株を、それぞれに3~5本茎がつくよう、手やナイフで株を分けていきます。 植え替え、株分けの適期は5~9月です。

最終更新:

CATEGORY
同じカテゴリの仲間

ドラセナ | indoorplants.site

ドラセナ

アンスリウム indoorplants.site

アンスリウム

ザミオクルカス | indoorplants.site

ザミオクルカス

バオバブ | Indoorplants.site

バオバブ

ホヤ | indoorplants.site

ホヤ

トキワシノブ | indoorplants.site

トキワシノブ

観葉植物一覧
トップへ戻る