IndoorPlants.site

hibiscusハイビスカス

大きな花を咲かせるハイビスカスは南国のイメージが強いですが、日本でもブッソウゲとういう名で古くから栽培されています。園芸品種は5000種類以上あるとされ、それらはオールド、コーラル、ハワイアンの6タイプに大きく分かれます。オールドは中輪から小輪の花で生育が旺盛で丈夫です。コーラルは寒さにやや弱い傾向です。ハワイアンは大輪で色彩豊かですが暑さが苦手です。一般的なものは、咲いた花が一日でしぼむ一日花です。終わった花は、花茎の付け根から切り落とします。

Degree of difficulty育てやすさ

育てやすい

Dataデータ

科名 アオイ科
別名 ブッソウゲ
原産地 熱帯、亜熱帯
耐陰性 ×
耐寒性
乾燥 ×

Place置き場所

ハイビスカスの最適な置き場所
出典:http://www.hortmag.com/

春夏秋

日当たりのよい場所に置きましょう。
ハワイアンタイプは真夏は半日陰の場所に移動します。

冬越しには5℃以上の温度が必要です。室内に置き、昼間はガラス越しの日光を十分に当ててあげましょう。

Watering水やり

春夏秋

生育期は、鉢土が乾いたら与え、害虫の予防に葉水をあげます。 とくに花が咲いているときは水切れしないように注意しましょう。

乾かし気味に管理しますが、新芽が出ていたら鉢土が乾いてからたっぷりとあげましょう。

Fertilizer肥料

春夏秋

緩効性の固形肥料を2カ月に1回、鉢土の上に置きます。

肥料は不要です。

Pest病害虫

ハダニ、アブラムシに注意しましょう。 発生したら薬剤を散布して駆除しましょう。

Multiply株分け

春夏

挿し木や接ぎ木で殖やします。 オールド系とハワイアン系は4月中旬~6月ごろ、コーラル系は5月~9月ごろに挿し木します。 ハワイアン系は接ぎ木のほうが殖やしやすいです。 接ぎ木とは2つの株を切断面で接着して1つにすること。植え替えの適期は5月~6月ごろ。

最終更新:

CATEGORY
同じカテゴリの仲間

シッサス・アンタルクティカ | indoorplants.site

シッサス・アンタルクティカ

フィロデンドロン | indoorplants.site

フィロデンドロン

フィットニア | Indoorplants.site

フィットニア

アエオニウム | indoorplants.site

アエオニウム

シッサス・ディスコロル | indoorplants.site

シッサス・ディスコロル

バオバブ | Indoorplants.site

バオバブ

観葉植物一覧
トップへ戻る