IndoorPlants.site

nepenthesネペンテス

葉の中央脈が長く伸び、その先にツボ型の袋をつける姿がユニークな食虫植物です。袋の中に溜まった分泌液で虫を誘い込み、分泌液の中の消化酵素で溶かして養分として吸収します。袋の形や大きさ、色がさまざまで、袋の数を殖やすのも楽しみの一つです。
寒さと乾燥に弱く、乾燥すると袋が枯れてしまうため、高温多湿を保つようにします。成長して茎が伸びると袋がつきにくくなったり、色が薄れてきたりします。袋がつく葉の先端に触れると、袋ができなくなることがあります。

Degree of difficulty育てやすさ

難しい

Dataデータ

科名 ウツボカズラ科
別名 ウツボカズラ
原産地 東南アジア~オーストラリア北部、マダガスカル、セーシェル群島
耐陰性
耐寒性 ×
乾燥 ×

Place置き場所

ネペンテスの最適な置き場所
出典:https://ferrebeekeeper.wordpress.com/

明るい日陰を好み、直射日光に当てると葉焼けを起こします。

冬越しには10℃以上の温度が必要です。室内に置き、昼間はガラス越しの日光を十分に当ててあげましょう。

Watering水やり

乾燥する時期は葉水を与えて湿度を保ちましょう。

春秋冬

鉢土や水ゴケが乾いてから、たっぷりとあげましょう。

毎日水をあげましょう。

Fertilizer肥料

春夏秋

緩効性の固形肥料を2カ月に1回、鉢土の上に置きます。 肥料を与えすぎると袋がつきにくくなりますので注意が必要です。

肥料は不要です。

Pest病害虫

カイガラムシの被害に注意が必要です。
発生したら薬剤を散布して駆除しましょう。

Multiply株分け

春夏

挿し木で殖やします。
植え替えの適期は5月~6月ごろです。

Type種類

ネペンテス・サングイネア

ネペンテス・サングイネア
出典:http://greenbreen.net/

マレー半島~タイ南部原産。捕虫袋は長さ10~30cmほどになり、色はグリーンから黄色、オレンジ、赤色までいろいろ。

ネペンテス・アラタ

ネペンテス・アラタ
出典:http://www.onlineplantguide.com/

別名:ヒョウタンウツボカズラ
もっともポピュラーな種で、捕虫袋の色はグリーンに赤褐色が混ざります。

最終更新:

CATEGORY
同じカテゴリの仲間

ネフロレピス | indoorplants.site

ネフロレピス

クテナンテ | indoorplants.site

クテナンテ

ポインセチア | indoorplants.site

ポインセチア

ポリシャス | indoorplants.site

ポリシャス

ネオレゲリア | indoorplants.site

ネオレゲリア

アロカシア indoorplants.site

アロカシア

観葉植物一覧
トップへ戻る