IndoorPlants.site

adiantumアジアンタム

若草色の葉が清々しい夏向きの植物で、観賞用の種はほとんどが熱帯の原産です。葉がたくさんついているように見えますが、実は一枚の葉が細かく分かれたもので、一つ一つの葉は小羽片といいます。シダ植物ですから葉の裏に胞子が入っている胞子のうがつきますが、アジアンタムの胞子のうは葉の緑が内側に巻き込んだところにできるため、普段はほとんど目につきません。乾燥すると葉がチリチリに枯れてしまうので、季節にかかわらずエアコンの風が当たる場所は避けましょう。

Degree of difficulty育てやすさ

普通

Dataデータ

科名 イノモトソウ科
別名 ホウライシダ
原産地 世界の熱帯~亜熱帯
耐陰性
耐寒性
乾燥 ×

Place置き場所

アジアンタムの最適な置き場所
出典:https://horti.jp/

明るい日陰が最適で、1年を通して、室内のレースカーテン越しの光程度の日差しが当たる場所が向いています。 日陰にも耐えられますが、光線が不足すると葉姿が乱れてしまいます。

Watering水やり

春秋冬

鉢土が乾いたら与え、空気が乾燥しているときは、葉水も与える。

毎日水を与えて鉢土を乾かさないようにする。蒸れると枯れてしまうので、夏の葉水は控える。

Fertilizer肥料

春夏秋

緩効性の固形肥料を2か月に1回。鉢土の上に置く。

肥料は与えない。

Soil用土

水はけのよい土が適しています。 市販の「観葉植物の土」を使用する場合は、できるだけ水はけをよくするため川砂を少しまぜるといいでしょう。

Pest病害虫

春夏秋

カイガラムシ、ナメクジが発生しやすい。とくにナメクジは地際の新芽を食害するので、新芽が出ないときは、ナメクジがいないか鉢底などを調べると良い。

Multiply株分け

春夏

株分で殖やす。植え替えの適期は5月~9月。

最終更新:

CATEGORY
同じカテゴリの仲間

フィロデンドロン | indoorplants.site

フィロデンドロン

フェニックス | Indoorplants.site

フェニックス

ビルベルギア | indoorplats.site

ビルベルギア

アスプレニウム indoorplants.site

アスプレニウム

エバーフレッシュ | indoorplants.site

エバーフレッシュ

フィカス・アルティッシマ | indoorplants.site

フィカス・アルティッシマ

観葉植物一覧
トップへ戻る